【里帰り出産】【出産記録】八戸市立市民病院で里帰り出産したときの記録

出産記録
Processed with MOLDIV
スポンサーリンク

妊娠が判明したばかりの方や里帰り出産で途中から病院が変わる方が

よく「〇〇病院で出産された方、どうでしたか?」「先生はどうでしたか?」「雰囲気は?」

などという質問をしているのを見かけます。

私は里帰り出産をしたのですが、出産した青森県の八戸市立市民病院について書かれていないようだったので、(完全に記憶がなくなる前に) 今回は八戸市立市民病院での退院までのことを書きます!

私は2016年4月中旬に帰省し、2016年6月26日0:04分に女児を出産しました。

自然分娩で、分娩所要時間は23時間39分です。

※八戸市立市民病院サイトのリンクを貼ることが禁止されているので、お手数ですがご自身で検索して、八戸市立市民病院の詳しい情報を是非見ていただきたいです。

八戸市立市民病院を選んだ理由

八戸市立市民病院は実家から車で30~40分かかるので、近いというわけではありません。もっと近くに同じくらい大きな病院があるのですが、それでも私が八戸市立市民病院を選んだ理由は、しっかりとした医療体制や整った設備があったことももちろんですが、姉が3人の子どもをそこで出産していたから、というのが1番大きいです。

なにも知らないところよりは心強くて、色々を話を聞けるとも思ったからです。

 

周産期センター

私は神奈川県川崎市在住なので、地元に帰る前は川崎市の新川崎こびきウィメンズクリニックに16週まで、太田総合病院に18週~30週まで通い、34週までに八戸市立市民病院で手続きや説明を聞かなければいけなかったので、私は32週に地元へ帰省しました。

八戸市立市民病院を正面から見て左側に併設されている、周産期センターが妊婦健診や分娩、産後に入院する病棟施設になるので、産前産後は周産期センターに通うことになります。そこで行われた初日の説明では今後の妊婦健診の受け方、予約のやり方、施設の説明などを受けました。

1階で妊婦健診や母親学級を行い、2階に分娩室、陣痛分娩回復室(LDR)、未熟児集中治療室(NICU)、入院する病棟などがあります。

 

施設内の雰囲気

周産期センター内は明るい雰囲気で、健診の待合室の大きな窓から自然光が入るのでより明るく、とても清潔感のある院内です。ただし、健診の待合室にある椅子は若干少ないように感じました。たまに座れない時があったので、受付前の椅子で呼ばれてないか確認しながら待つような時がありました。

周産期センターに入ってすぐにある受付には、事務の方が2人いますが、来院した時と会計の時は機械に初めて受診したときにもらうカードを通して手続きするのでスムーズです!支払いもその機械で済みます。

受付の左側にあるトイレは広い個室が3室あり、健診前の毎回ある尿検査はここで採ります。

全体的に清潔感があって、混み合うこともなく、ゆったりとした音楽で健診待ちの間はリラックスできます。

 先生や看護師さん、助産師さん達は優しい方ばかりで、わからないことや不安なことを相談すると丁寧に教えてくれるし、健診は急かされることなく一人一人時間をかけてゆっくり診察してくれます。

ベテランの助産師さんもいらっしゃって、私が母乳がでるか不安ですと相談すると

「大丈夫よ!ちゃんとマッサージしてる!?こうやるのよ!」とその場で(笑)実践込みで教えくれて、その直後から出ました!

先生方のしっかりとしたサポートがあるので安心感があります。

 

妊婦健診

他の病院がどういった流れなのかわかりませんが、来院したらトイレで検尿をし、自分で血圧、体重を測ります。これは太田総合病院でも同じ流れでした。

その後、紙による簡単な問診に毎回答えて名前が呼ばれるのを待ちます。

他に健診に来られている妊婦さんが少ない場合、問診を書き終える前に呼ばれることが多々あり、その時は少し焦ってしまいます(;’∀’)

 

診察は広い診察室で、先生と看護師さんと自分の3人です。

エコーでは丁寧に詳しく説明してくれます。私が通っていたときは、確か診察のあとに次の予約を先生と決めていたと思います。

 

陣痛~出産まで

陣痛の間隔が狭くなってきたら病院へ連絡後に周産期センターに行きます。

私の場合は土曜日の深夜だったので、受付などはせずにそのまま2階へ上がりました。陣痛分娩回復室(LDR)に一時はいたのですが、まだ産まれなさそうということで、違う個室に移動になり、そこで子宮口が開くまで陣痛に耐えました!

他の方のお産と重なったようでしたが、定期的に助産師さんが様子を見に来てくれていたので、特に不安になることもありません。というか陣痛の痛みでそれどころではなかったです(笑)

 

まだ陣痛の痛みが強くなる前に、食事を摂ります。

八戸市立市民病院では軽食の準備もしていただきました。

陣痛を促すためでもありますし、体力を消耗するのでエネルギー補給のために、軽くでも食べておいた方がいいと助産師さんに教えてもらいました。

 

子宮口が開きいよいよとなると、陣痛分娩回復室(LDR)に移動になります。

陣痛分娩回復室(LDR)にはトイレが付いてあるので、分娩の前に排泄を済ませます。

陣痛の痛みで動けないし、ふんばったら赤ちゃん産まれるんじゃ!?って思いますが、産まれないものです(笑)

分娩前には特に排便を済ませられると、分娩時に出てしまい助産師さんに拭き取ってもらう、ということがなくなります・・・(*ノωノ)

分娩時の排便は、ママたちが分娩への不安に思っていることの定番ですね。

恥ずかしいと思うでしょうが、助産師さんたちは慣れています。普通に話しかけながら拭き取ります。プロです・・・!

 

私は分娩台に上がってからは20分ほどで娘が産まれました。早い方なのかな?

\ 娘です! /

前半から終盤近くまでは助産師さんが介助をしてくれて、終盤は切開や赤ちゃんの取り上げ、出産後の縫合があるので先生に代わりました。先生や助産師さんたちはこちらを落ち着かせるためか、和やかでピリピリとした雰囲気ではありません。

産まれた時はみなさんに拍手とおめでとうと声をかけて頂きました。とても優しいです。

その場で赤ちゃんは体重などを測り、すぐに赤ちゃんの口におっぱいをつけます。

母乳育児を推奨しているためだと思われます。

その後赤ちゃんは一度別室に移動になり、私は疲れからか長い時間眠っていたようです。

 

産後~退院まで

入院する部屋は大部屋の予定でしたが、いっぱいだったので個室になりました。

母子同室なので赤ちゃんは常に一緒にいることになります。

退院までは毎日ママと赤ちゃんの診断があり、退院までに赤ちゃんは小児科医の先生にも診断してもらいます。

セキュリティーと面会

入院病棟へは初診の時にもらったカードがカードキーになっているので、関係者以外は簡単に入館することはできません。セキュリティー的にも安心できます。

面会は旦那さん、実両親、義両親以外の面会はできません。

上記以外の方はガラス越しで面会されていました。

 

室内の様子

室内は毎日清掃が入るので清潔で日当たりも良く、室内にトイレとシャワー室と洗面台が付いています。

空調管理はエアコンが付いているので自分で変更できますが、赤ちゃんのことを考えると下手に自分で変更はしない方がいいと思います。

 

お祝い膳

26日の深夜に出産して、その翌日の27日のお昼ご飯にお祝い膳を頂きました。

写真は実際に頂いたお祝い膳です。

Processed with MOLDIV

バランスも彩りも良い美味しいご飯でした!量もちょうどよかったです。

食事は基本的に食べ終わる頃に食器を回収にきますが、私のように食べるのに時間がかかる場合は、自分で食器をナースセンターの横にあるワゴンに戻します。

 

育児記録への記入

産後に赤ちゃんと再会してから、すぐに開始するものが育児記録です。

記入帳の名前は忘れてしまいました・・・。

母乳やミルクをあげた時間排泄の時間睡眠時間のそれぞれの量や状態などを細かく記入します。あと、体温も朝・昼・晩と測ります。

この育児記録は助産師さんも見るので、適当だとすぐにバレるし、軽く怒られます。

私は怒られました!(軽くですよ・・・)

授乳やミルクは3時間おき

赤ちゃんへの母乳やミルクをあげる時間は徹底して管理されています。きっちり3時間ごとに助産師さんが様子を見にこられて、母乳などを与えているか確認にきます。

もちろん夜中に寝ていても起こされます。

 

助産師さんに赤ちゃんを預かってもらえる

夜中に中々泣き止まなかったり、色々と神経質になったりと、慣れない育児に疲労したときには、助産師さんが預かってくれるので自分の息抜きや気分転換などができます。

私は寝不足になってしまったので1時間ほど預けて、眠らせてもらいました。

あとは自分がシャワーを浴びたいときにも預かってくれます。

 

 

と、このような感じで退院までの5日間を過ごしました。

 

出産費用のお支払

私の場合は休日&深夜&個室ということもあり、助成金から足が出た分が

約15万でした!(´;ω;`)

退院までに教えていただけるのかと思っていたのですが、金額を聞いたのは

退院する当日でした・・・。

持ち合わせがなかったので、翌日払いました!足が出た分は、本館の受付で支払いをします。

他の方も退院当日だったのでしょうか・・・。

聞かなかった私も悪いかもしれませんが、大きい金額なので事前に教えて欲しかったな~とは思いました。その部分以外はとても良い病院だと感じました。

 

おわりに

分娩の時に私にずっとついていてくださった助産師さんが、母子手帳によく頑張りました!とコメントしてくれていて嬉しくなりました。

先生や助産師さん方は本当に優しい方ばかりだったのと、整った施設で過ごしやすく、もう少し居たいとも思える病院です。

長々と書きましたが、八戸市立市民病院の良さが伝われば幸いです!