【知育】【パズル】知育におすすめ!「セイカのパズル」

おすすめグッズ
スポンサーリンク

育児をしていると「知育」の言葉をよく見聞きしたり、自分の子どもに与えるおもちゃもついつい知育効果のあるおもちゃを選びませんか?

知育効果が高いおもちゃとしてパズルはとても人気があります。

パズルは安価でバリエーションも豊富で、年齢があがるごとにピースの数を増やすなど、ステップアップができます!

 

私は娘が2歳2ヵ月の頃にセイカのアンパンマンパズルを購入しましたが、調べてみると様々な知育効果がありました。

今回はセイカのアンパンマンパズルの知育効果と実際に娘が遊んだ様子、パズルの収納方法をご紹介します♪

 

子どもに人気のセイカのパズル

セイカのパズルはアンパンマンやプリキュア、戦隊ヒーローなどの様々なキャラクターのパズルがあり、ピースの数も最大80ピースまであります。

それぞれ年齢に合うピース数の目安は

 

6~8ピース・・・1歳前後~1歳頃

30~45ピース・・・2歳~3歳前半

65~80ピース・・・3歳後半~4歳以上

2歳のファーストパズルには30ピースがおすすめされていました。

 

セイカのアンパンマンパズルの裏には登場キャラクターの名前の書いてあるので、知らないキャラクターの名前を知ることもできますよ♪

※小さいお子様がパズルで遊ぶときは、誤飲の危険性もあるので小さいピースのパズルは与えず、目を離さないようにしましょう!

 

セイカのパズルによる知育の効果

▶考える力が高まる

セイカのパズルの台紙には、ピースが形どられているので難易度が低く、溝ができているのでピースが置きやすくなっています。

なので、2~3歳からは段々と自分ひとりでもできるようになります。

▶図形への意識を高める

セイカのパズルは大人が遊ぶジグソーパズルのような形ではなく、ピースが特徴的な形をしています。

台紙にある形と同じピースの形をあてはめることから、図形の感覚を高めることができるので、結果的に算数にも強くなるそうです。

 

▶発想力や構成力を身につける

台紙の周りにはパズルの絵の続きがあるので、その絵の続きを考えながらピースをはめていくことになります。

途切れているキャラクターの体や顔のパーツを探すことで、発想する力や構成する力が身につきやすいのですね。

 

▶記憶力が高まる

特徴的なピースの形をしているので、繰り返すうちに形と場所を覚えていくようになります。

好きなキャラクターだからこそ、ポーズや表情も覚えやすいのかもしれませんね!

 

▶集中力が高まる

ひとつのことに夢中になって取り組むことで、集中力が身につきます。子どもの集中力は10~15分程度と短く、集中しているときは話しかけない方がいいそうですよ。

 

実際に遊んでいるときの反応

私の娘は2歳になってからパズルに興味を持ち始めたと思います。

本屋さんに行ったときに自分からセイカのアンパンマンパズルを選んで持ってきました!

その時の私はパズルに上記のような知育効果があるとは知らずに、娘と一緒にパズルを楽しんでいたのですが、購入して2週間たたないうちに、あることに気づきました。

 

初めは台紙にある絵の続きや角からピースをはめていたのに、急にど真ん中にポンッとピースを置いたのです。

適当に置いたのかなと思ってみてみると、なんと合っていました!

 

たまたま?と様子を見ていると、さっき置いた真ん中のピースとは離れたところにまたポンッと置き、絵の続きじゃないところに次々と置いていったのです。しかもちゃんと合っていました。

その時は「うちの子天才か!?」と驚きました(笑)

 

その後も毎日ではありませんが遊び続け、2歳8ヵ月になる今では

「ジャムジャム(ジャムおじさんのことです)のぼうしがなくなった~!」

「たいへんだーどこだどこだー」

「ぼうしはここだよー!」

とピースのキャラクター同士でごっこ遊びをしながらピースをはめたり

娘はピースの場所を覚えているので、私に「ばいきんまんのお顔はどこでしょう~か!」と問題を出してきて、得意げに「ここで~す!」と楽しそうに遊んでいて

「かんせーい!やったやったー!」と喜ぶので、達成感も得られていると感じます。

 

初めの頃は小さめのピースをはめることができず、できない!と言っていましたが、今では逆さにしたり回転させて合わせてみたりと、手先の練習にもなっているようです。

 

遊ばせていると見えてくる変化が、今思うと記憶力や発想力が向上している、確実にパズルの知育効果が現れている、と思えます!

ちなみに初めてのパズルは45ピースで、あとから65ピースも追加した2つのパズルで遊んでいて、どちらもアンパンマンです。

 

パズルの収納方法

子ども向けのパズルは、繰り返し遊ぶのでピースはすぐにバラバラになります。

おもちゃ箱にそのまま入れることもできないので、パズルの収納に困っている方もいらっしゃると思います。

私は単純にピースはジッパー袋に入れて、台紙は本棚に入れていました。私のようにピースと台紙を別にして、ピースは袋にまとめる方法の他に

 

100円均一に売っている、ファスナー付きのビニールケースや、資料などを収納する薄型のクリアケースに、台紙とピースをそのまま収納している方もいらっしゃいました。

 

ピースは紛失しやすいので、きちんととっておきたいですよね。

私の自宅にあるパズルはすでに何個か紛失しましたが・・・。

紛失してから、まとめればいいのか!と気づきましたので、遅かったようです。

 

2~3歳におすすめのパズル

 

▶アンパンマン 知育パズル ひらがな

 

▶アガツマ アンパンマン 天才脳 パズル

▶くもんのジグソーパズル

▶くもん タングラム