【川崎ルフロン】第1期リニューアルオープン!

育児
スポンサーリンク

以前に下記の記事で川崎ルフロンが3期に分けて進行している、大規模リニューアルについての記事を書きました。

【川崎ルフロン】川崎ルフロン 家族で楽しめる大規模リニューアル予定!
神奈川県川崎市川崎区のJR川崎駅東口から徒歩1分にある、都市型ショッピングセンターの川崎ルフロンは、2019年から3期に分けて大規模リニューアルが進んでいます!3期に分かれてリニューアル予定▶第1期リニューアル...

 

そして4月27日にフードコートなどの第1期リニューアルが終了し、一部がオープンされました!

 

実際に行って見てきたので、どのようにリニューアルされたのか、少ないですが画像と一緒に紹介します♪

 

川崎駅東口 最大規模のフードコート

フードコートにはサーティワンアイスクリーム、びっくりドンキー ポケットキッチン、和食 とろ麦、フレッシュネスバーガー、中華ダイニング 阿里城、PERL LADY CHA BAR、天麩羅えびのや、スシローコノミ、濃厚味噌 らーめん玉、丸亀製麺の10店舗が開店しました。

 

席は約350席でソファ席もあります。

客単価1千円弱とリーズナブルな価格帯で差別化を狙うフードコート「フード・ビレッジ」=川崎市川崎区の川崎ルフロン

画像出典:https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/#page=2

 

店内の雰囲気はグランピングをイメージしているとのことで、少し薄暗くてオレンジの照明と、淡い色合いの木目調の椅子やテーブル、所々に置いてある植物がキャンプ感を出していました。

 

スシローコノミとフレッシュネスバーガーの店内奥の方にある席は、席数が少なく奥まっていて窓際なので、フードコート中央よりは静かに過ごせるのではないでしょうか。

 

 

4月29日に行ってきたのですが、お茶とタピオカドリンク専門店PERL LADY CHA BARは、オープンから3日目でもすごい行列ができていました。

しかし、PERL LADY CHA BAR以外はそれほど混み合っていない印象でした。

席数が多いせいか、もしくはテイクアウトができるからかもしれません。

 

改装前のルフロンはフードエリアが遠かった印象ですが、改装後は2階入り口から全面がフードエリアになったので、外食の選択肢が増えましたね!

 

一部専門店

4階~7階には一部専門店が17店舗(うち5店舗が新規)がリニューアルオープンしました。

ニトリの雑貨・インテリア専門の「デコホーム」やレディス・メンズ

キッズの衣類を扱うチェーン店「パシオス」、アウトドア用品やインテリア用品を扱う「モンベル」等です。

 

特に4階に新規オープンしたデコホームは、ニトリの買い物袋をさげた方をちらほらと見かけたので、人気なのかもしれませんね。

セリアも4階に移動したので以前よりも行きやすくなりました。

 

ちなみに、デコホーム、モンベル、眼鏡専門店の和真メガネはJR川崎駅前初出店となります。

 

 

気になるママ&キッズフロア

第1期のリニューアルオープンで、フードコートと同じくらい気になっていたのが、6階のママ&キッズフロアです。

6階 ママ & キッズフロア

“ママと子供たちのまち“がデザインイメージ。ママ&キッズのファッションや知育玩具、キッズ向けサービス等で構成するエリア最大級のママ&キッズフロアです。「ポケットパーク」、「ピクニックパーク」と名付けた遊び場やフォトエリアは家族で楽しめ、「ワンダーキャッスル」と名付けた授乳室は、ママはリラックスでき、子供も飽きない工夫を凝らしました。

出典:PR TIMES

「ピクニックパーク」や「ワンダーキャッスル」というネーミングでワクワクしていました!

 

まず、6階エスカレーターの目の前に「ボーネルンドあそびのせかい」があります。

以前のルフロンでは少しわかりにくい所にあったような気がします。

 

マップ左下にベビーカー置き場があります。

正面から見るとあまり広そうには見えませんでしたが、奥は結構広いようですね。

 

エスカレーターの左側通路には、ポケットパークと書かれた看板と、様々な形のソファが並んであります。

 

狭い空間は落ち着くし、子供たちは寝転がったりと楽しそうでした。

ポケットパークの両脇の壁には、ボーネルンドらしい溝をなぞる木製のプレイウォールがあります。

 

目の前にはタリーズコーヒーがあり、店内が薄暗くなっていたので通路側まで全体的に薄暗い照明です。

 

 

さらにポケットパークの向こうには幼児教室が2ヵ所あり、その間の通路を進むと授乳室です。

授乳室に向かう通路の壁にもプレイウォールがずらっと並んで設置されていました。

 

回転するものもあり、娘は夢中で回していました(笑)

 

カラフルで可愛らしく様々な形があるので、1歳~3歳の子供ならここだけでも遊んでいられると思います。

 

すぐ後ろの授乳室の壁には、インスタグラム用にも使える撮影スポットが2ヵ所設けられていました。

あまり人が通らないようなところなので、順番待ちもなくゆっくりと撮影できるんじゃないでしょうか♪

 

フロアデザインのイメージが“ママと子供たちのまち“なので、家や芝生のようなデザインがあったりと、室内だけど屋外のような可愛らしい街になっていました。

 

リラックスできる授乳室

授乳室は2階と6階です。

2階はフードコートのフレッシュネスバーガーの通路奥にあり、6階は幼児教室の間の通路を進むとあります。

 

2階 授乳室

2階の授乳室は、人がいらっしゃったので写真は撮れませんでした。

こちらのママパパマップに室内の様子があります。

川崎ルフロン2Fの授乳室

 

授乳スペースはカーテンで完全に仕切れる部屋が2部屋、簡易的な仕切りがあるスペースが3ヵ所あるようです。

 

2階の授乳室は室内に入らなくても、窓のようなところからおむつ台が外から見えていましたが、6階の授乳室は外からは見えないので、気になる方は6階の授乳室をおすすめします。

 

6階 授乳室

 

6階の授乳室はカーテンで仕切られている授乳スペースが2ヵ所だけなので、2階の授乳室よりも少ないです。

 

 

 

ママが休憩するソファと子供たちが遊べるスペースもあります。

 

 

出来たばかりなので綺麗で、パステルカラーで落ち着いた雰囲気はリラックスできます。

 

 

まとめ

オープンされたところは、照明やデザインが落ち着いた雰囲気だなと思いました。

まだまだ第2期と第3期があるので、この完成度なら川崎駅周辺の人の流れが変わりそうですね。

 

ひとつ注意点としては、6階のエスカレーターの目の前にボーネルンドと隣にはボーネルンドのショップもあるので、お子さんがそこから動かなくなる可能性もありです(笑)

6階より上に用があるときは困ってしまうかもしれませんね!