【子ども 日焼け止め】子どもに日焼け止めは必要?塗ってもいいの?

育児
スポンサーリンク

夏が近づいてくると青空の日も増えてきますね!

良い天気だな~!と思う反面、ギラギラの太陽を見ると紫外線も気になります。

 

紫外線が気になるとき日傘や帽子と一緒に、ママは日焼け止めでも紫外線対策をすると思います。

この日焼け止め、お子さんには塗っていますか?

ママたちの間では、塗る派と塗らない派で意見が分かれているようです。

 

日焼け止めは子どものお肌にどんな影響があるのか?

日焼け止めの選び方、適切な使い方などを調べてみました!

 

 

子どもが受ける紫外線の悪影響

子どもは紫外線の影響を受けやすく、紫外線を浴びることにより表皮の細胞を傷つける可能性があるそうです。

また、紫外線は目にも悪影響です。

こちらの先生のお話が分かりやすいかと思います。

紫外線対策がもっとも必要なのは子供!

日焼け止めの種類と影響と使用可能時期

日焼け止めの種類と、日焼け止めに含まれている成分はお肌にどんな影響があるかを解説します。

日焼け止めはいつから使える?

まず日焼け止めを使用可能になる時期ですが、生後3ヵ月未満の乳児は汗腺が未発達でお肌も敏感なので使用しないほうが良いです。

いつからという明確な答えはなく、医師によっては日焼け止めは6ヵ月以降からと答える先生もいらっしゃいます。

 

 

タイプ1.紫外線吸収剤を使用しているもの

紫外線をオキシベンゾンなどの化学合成成分の吸収剤によって、可視光線に変えてお肌を守るタイプです。

紫外線から肌を守る高い防御効果がありますが、化学合成成分アレルギー性の高い成分を使用しているので、お肌に負担がかかります。

 

 

タイプ2.紫外線散乱剤を使用しているもの

酸化亜鉛などの無機質のもので紫外線を反射させて、過度の紫外線からお肌を守ります。

紫外線吸収剤が含まれていないものをノンケミカルと言います。紫外線吸収剤をしようしているものに比べると防御効果は下がるかもしれませんが、お肌への負担は減らせますね。

 

 

お肌への影響としては、お肌に合わない場合かぶれたり、乾燥してガサガサになるなどの肌トラブルがみられます。

お肌が弱い子は、紫外線吸収剤が含まれていないものや低刺激のものでも異常がみられる場合があります。

 

 

生後3ヵ月未満児には使用しないことと、購入する際には紫外線吸収剤・防腐剤・化学合成物質が含まれていないもので、ベビー用低刺激と表記があるものを選ぶようにしましょう。特に赤ちゃんや子どもに使用する場合には要注意ですね。
 
 

日焼け止めのSPFとPAって?

 SPF 

Sun Potection Factor(サンプロテクションファクター)の略です。

紫外線による急激な日焼けは、UVB(中波長紫外線)により起こる

ですが、SPFはこのUVBの防御効果がどのくらいなのかを数値で表しています。

最高値は50で、値が大きいほど紫外線の防御効果は高くなります。

 

 PA 

Protection grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)の略で、UVA(長波長紫外線)は波長が長いので皮膚の内部まで届きます。

PAはこのUVAの防御効果がどのくらいなのかを+、++、+++、++++の4種類で表し、+が多いほどその防止効果は高くなります。

 

 

日焼け止めの選び方と正しい使い方

上記のことを踏まえた上で、子どもが使用する日焼け止めの選び方と正しい使い方です。

選び方

まずは紫外線吸収剤が含まれていないノンケミカルのもので、無香料・無着色のものです。

そしてSPFは登園・登校や買い物などの普段使いにはSPF10~20にして、長時間紫外線を浴びるようなときや日差しが強い日、レジャーにはSPF30以上のものにします。

PAは普段は+~++で、日差しが強い日やレジャーには++~+++にして、紫外線を浴びる時間や日差しの強さなどシーンで変えるようにしましょう。

「SPF」「PA」の目安を説明する図

画像出典:https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/beautyinfo/extra/uv.html

 

 

正しい使い方

 

まず初めて使う日焼け止めは、いきなり顔や体全体に塗るのではなく、体の目立たない部分に少し塗ってみて、肌に異常がでないか様子を見ましょう!

 

顔に塗るときの量の目安は、クリームタイプなら真珠ひとつ分、ミストタイプは1プッシュくらいです。商品の使用量が書いてあるならそちらを目安にします。

 

ミストタイプやスプレータイプは塗るのは楽ですが、飛散する、目や口に入る可能性があるので、ママの手のひらに出してから塗ってあげてください。

 

汗をかくと日焼け止めが落ちてしまい効果がなくなってしまうので、2時間おきくらいにこまめに塗り直します。

 

 

日焼け止めを塗ったあとは

日焼け止めを塗った日は早めにお風呂に入り日焼け止めを落としましょう!

紫外線吸収剤が含まれていない日焼け止めは石鹸で落とせます。

キレイに落とした後は、乾燥気味になるので保湿クリームで保護してあげてください。

 

 

日焼け止め以外でも紫外線対策を!

 

日焼け止めに効果があるのは確かですが、赤ちゃんや子どものデリケートなお肌への刺激などのことを考えると、塗る量や回数が気になるママもいらっしゃると思います。

全然気にしない!というママも日焼け止めだけではなく、UV加工の帽子や上着などで子どもが受ける紫外線を減らしてあげましょう!

紫外線は4月下旬ころから強くなり始め、6月~~9月がピークだそうです。

炎天下の日や日差しが強い日は外出を控えるようにして、午前10時~午後2時ころは室内にいるようにした方が良いと思います。

外出する用事があるときはしっかりと紫外線対策をして出かけましょう!

 

 

おわり

以前小児科の先生には「日焼け止めはいらないですよ」と言われたんですが、年々日差しが強くなってきているし、娘は肌荒れなど起こさなかったので結局塗ってあげています。

紫外線のダメージは蓄積されて、今は大丈夫でも将来皮膚がんになる可能性があるリスクを考えると、心配になります。